マーブルーのディズニーノート

大好きな「ディズニー」について、思ったことや発見したことなどを、思うままに書いていきます。

ディズニー奮闘記?

 こんにちは。

 先日、職場の先輩方と一緒にディズニーランドへ行ってきました。仕事帰り、アフター6パスポートでの入場です。

 同じ部活の人たちや友人と行くことはありましたが、会社の方々と行くのは初めてのことでした。

 後輩(部下)として、先輩方を案内するとしたらどうするか・・・。前日の夜、いろいろ考えました。

 そして当日。結果はもちろんのこと、なかなかうまく案内できず・・・。

 どうすればよかったのかな、と、未だに考えてはいるものの答えが出て来ません。今日の記事は、その答えの出ない反省と現段階での改善案を書こうかなと思います。

 

全体的な反省

 おそらくジェットコースター系などちょっとばかしスリルのある人気アトラクションが好きだろうと予想していたので、なるべくそれに乗れるように動きました。結果はその通りでした。やはり座って観るショーなどよりも、スペース・マウンテンやスター・ツアーズなどでの普段できない体験ができると、楽しいと感じてもらえるみたいです。そりゃそうですよね。

 

待ち時間の話題

 一番の反省点は、「話」です。特にアトラクションの待ち時間にて。職場での話がメインに。もちろん、先輩方主導でお話してくださいました。せっかく夢の国に来てるのに、仕事の話になってしまう・・。ここで私が何か、ディズニーの話でもふることができたらよかったのになあと思ってました。

 

何を話せばよかったのか

 先輩方も、私がディズニー好きなのを知っていて、それなりに私に求められているものがありました。(だから誘っていただけたのですが)

 バックグラウンドストーリー?パークのこと? ちょっとだけ話をしてみたものの、みなさんしっくりきていない様子でした。「ふーん。」という感じ。

 んー、面白い話だと思って用意していたのに、と、完全にどうすることもできなくなりました(笑)

 

と、反省点を挙げればキリがないのですが、とにかく「何を話せばよかったのか」については、改善案のないままです。また行く機会があるそうで、今後、コミュニケーションをとっていきながら探っていき、次回に向けて準備したいなと思っています。

 

つづく・・・