読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーブルーのディズニーノート

大好きな「ディズニー」について、思ったことや発見したことなどを、思うままに書いていきます。

「オリビアちゃんの大冒険」の簡単なレビュー

引き続き、こんにちは。

 今、ディズニー映画を片っ端から借りて観ていくということをやっています。有名どころは小さい頃から観ていたのでなんとなく、それでもなんとなくは覚えていますが、観たことないものも多かったので、今のうちに、と思いまして。

 今日見たのは、「オリビアちゃんの大冒険」です。簡単に感想を書きたいと思います。

 まず言いたいのは、とても良い作品だったということ。キャラクターの表情や動きがディズニー作品らしい感じでなんだか懐かしかった。

 そして、悪役のドブネズミ「ラティガン」の描写がすごい!悪役の「悪さ」の部分がよく表現されていて、恐ろしさがよく伝わりました。「白雪姫」以来じゃないかな(笑)

 個人的には、ドーソンという医者のキャラクターが好きになりました。ふくよかなおじいさんなんだけど、ジェントルマン。かっこいい。優しくて真面目なんだけど、ちょっとどこかぬけてるところがあって、酔っぱらうと踊っては面白いキャラクター。

 手描きとCGの融合、ってのもまた、良いですな。ディズニーの良さは、やっぱり「手描き」にあるような気がするので、そこは技術をうまく生かしているというか、良さをうまく引き立てているように思います。

 音楽を担当したヘンリー・マンシーニ、声優の方々も口をそろえて「ディズニー作品に出ることができて良かった」と言っていたし、現場の方々も楽しく作品制作に関われたのかなとも思いました。なんだかそれが作品にも出ているような気がしました。

 とても良い作品でした。パクリ疑惑だかなんだかがあるみたいですが、これは1つの作品として好印象を持っています。(ただどうしても、「ビアンカの大冒険」と被る(笑))