読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーブルーのディズニーノート

大好きな「ディズニー」について、思ったことや発見したことなどを、思うままに書いていきます。

支えてくれたミュージック

こんばんは。

卒論が無事に終わりました。あとは卒業を待ち、新年度に向けての準備をするのみ。なんだかもうすぐ大学生活が終わってしまうのだと思うと、寂しい気持ちと、本当にあっという間だったなあとしみじみ感じる気持ちにさいなまれます。やり残したことはないか。んー、もう少し映画みておきたいかな。(笑)

 

そんな卒論執筆を支えてくれた1曲が、

カリブの海賊のキュー・ラインミュージック。

動画主の方が1時間分音楽をループ(繰り返し再生)させています。

これがまた、集中できるんですよね。オーケストラのように盛り上がって大きな音が出るわけでもなく、口ずさみたくなって集中が途切れるなんてこともなく。

低めの音がずっと続くので、集中できます。

さらに音量を低くすることも重要で、遠くでかかっている、位のレベルまで音量を下げると、より集中できます。(マーブルー談)

 

さすがに聞き飽きたら、こっちも良いと思います。プラザ・イン・レストランのBGM(らしいです)。

おシャンティ(笑)な感じで、気分はディズニーランド。

でも心があまりにもディズニーランドへ偏りすぎてしまっては困るので、これも音量は低めにしてききました。

 

卒論とは関係ないですが、この1曲。

なんだか懐かしい感じです。昔の東京ディズニーランドにも、こんな感じのミュージックがかかっていたような気がします。違うかな?

動画主によれば、アナハイムカリフォルニアディズニーランド・リゾートにあるGrand Californian Hotelとモノレール駅との間でかかっているみたいです。

行ってみたら、聞いてみたいですね。

 

1つ前の記事でも書きましたが、音楽の力ってすごいですね。気持ちを切り替えさせてくれます。

ただ、聞きすぎも良くないですね。感動を味わうためにも、たまーに聞くのが良いのかな。

※1曲目のカリブの海賊のやつに関しては、聞くと卒論のつらい思い出がよみがえってきてつらいです(笑)。

ではでは。