マーブルーのディズニーノート

大好きな「ディズニー」について、思ったことや発見したことなどを、思うままに書いていきます。

今日の名言-20141107

こんばんは。

 

いつも長い記事を書きがちな私ですが、今日は短く短く。

ウォルトディズニーの名言を掲げて、いろいろ考えたいと思います。

今日の名言は、

 

”Our greatest natural resource is the minds of our children.”

「私たちの最大の資源は、子どもの心である。」

 

 「ディズニー」と言うと、子供向け、教育的、といったイメージがあります。この言葉からも、ウォルトもそのようなものを目指していたことが分かります。

 また、彼が子どもの心にこだわるのには、やはり子どもの想像力、夢見る力というものが大きいこと、そして彼自身、少年時代の楽しかった思い出が強かったことにあるのかなと思っています。

 例にディズニーランドが「大人も楽しめるテーマパーク」足りうるのは、大人の中にある子ども心を呼び起こすことを狙っているからではないでしょうか。

 

 ディズニーの現在に詳しいわけではないので、素人の戯言になりますが、現代の「ディズニー」が(大人・子ども双方の)「子ども心」に訴えるものであるのかどうかは、考えたいところです。これは新旧を含めて。現代の人々の心に訴えかけるようなエンターテイメントを期待したいですね。(心に響けば、想像生み出す。「ディズニー」は想像を刺激する原動力になりうるのか、今後に期待です)

 

 偉そうに言いましたが(笑)

では、またねえ!