マーブルーのディズニーノート

大好きな「ディズニー」について、思ったことや発見したことなどを、思うままに書いていきます。

思い出の?"Ellen's Energy Adventure"

 "Great Movie Ride"も思い出のアトラクションですが、"Ellen's Energy Adventure"にも、ちょっとした思い出があります。

 このアトラクションも、8月13日にクローズしてしまうんですね。昨年夏に行ったときに、すでにクローズが報じられていたのを覚えています。もうクローズしちゃうんだと思って、記念に乗っておこうと思いました。

f:id:discoverney:20170814183516j:plain

 いかにもパビリオンらしい表向きで、楽しそう!と思わせてくれます。

 

f:id:discoverney:20170814183845j:plain

 案内役のエレンさん。テレビ界ではおなじみの方だそうで、ディズニーではドリーの声を担当しているそうです。

 かっこいい出で立ち。さながらキャリアウーマン、って感じです。

 

f:id:discoverney:20170814184013j:plain

 もっと英語を勉強すべきだった・・・と公開するほど、どういう話なのかが分からない!!なんでソファでくつろいでるの!?

 それにしても、いい家に住んでるなあ・・。

 

 それにしても、ずいぶん長ーいアトラクションでした。30分以上あったかな?大きなホールのようなところに入って、イスに座ります。初めは大きなスクリーンを見ていたのですが、突如イスが動き始めました。このイス、実は乗り物だったんですね!

 

f:id:discoverney:20170814183637j:plain

 目の前には恐竜の世界が!こんなお話の展開になるなんて。

 英語がわからないから、なんで恐竜の世界に来たのかがわからん!!!!

 

 人間は、わけのわからないことが続くと、思考が停止して眠くなるという性質がある(と思います)。旅の疲れ、睡眠3時間が続いたからか、アトラクションのほとんどを、寝ていて覚えていません・・。最後はなぜかクイズ大会のシーンになってましたが、果たしてどういう流れでそうなったのかは、いまだによくわかっていません。

 

 でもなんとなくですが、"Universe of Energy"というテーマだけあって、「エネルギー」について、エレンさんと勉強するというテーマだったんじゃないかと思っています。

 お目覚めパッチリだったら、楽しかったのかもしれませんが、難しかったです・・。

 

 そんな思い出?のあるアトラクションでした。寝ていたとはいえ、なくなるというとなんだかさみしくなります。大事な思い出として、胸の中にしまっておきたいと思います。思い出をくれたこのアトラクションへ、ありがとう!

「ディズニー・アート展」に行ってきました!

f:id:discoverney:20170810221259j:plain

 現在、お台場の「日本科学未来館」で開催中の「ディズニー・アート展」をようやく観てきました!

 お台場には、無料で巡回するバスがありました。東京テレポート駅からバスに乗ってようやくたどり着きました。

 

 予めオンラインでチケットを買っておいたので、チケットブースに並ばずに入場できました。

 平日の今日は、それなりの混みよう。大混雑、というまでではないものの、ちょっと人が多いかなと思うほどでした。

 

 私はいつも悩むのですが、こういうアート展に行ったときに、何をみればよいのか。絵に詳しいわけではないので、「かわいい!」とか「すごい!」といった小学生レベルの感想しかもつことができません。

 なのでよく考えて、せっかく見るのだから、実際に見ないとわからないようなところをみるようにしようと思いました。

 

 例えば、鉛筆で書かれた絵ならば、筆圧、濃さ、紙質などなど、じっくり見ました。なるほど、書いた人の思いが伝わってくるような気がしました。

 

 展示品の中には、あの「ナイン・オールド・メン」に名を連ねるレジェンドの人たちの作品がありました。

 フランク・トーマスのピノキオとバンビ

 オリー・ジョンストンのバンビ

 ウーリー・ライザーマンのファンタジアに出てくる恐竜

 ミルト・カールの描くユーモアで表情豊かなキャラクター

 マーク・デービスのマレフィセント

 ジョン・ラウンズベリーのチシャ猫

 ウォード・キンボールのマッド・ハッター

 

 ・・・あれ、足りない?まあ、いいか。

 

 人によってキャラクターの描き方が異なっていては、映画に支障が出てしまうので、描く人が変わっていてもさほどちがいがないように見えました。ですが、これもまた人によっては、個性が出ているなあと感じたものもありました。

 

 ライザーマンの描く恐竜は、筆圧強めに、はっきりと描いていました。やはり力強さを出すには、力を入れて描くのが良いのだろうなと思いました。

 マーク・デービスの絵は濃いものが多いように感じました。有名なマレフィセントの絵にしかり、バンビの絵も濃く描かれていました。

 こういう点で、やはり実物を見るのは面白いなあと感じました。

 

 日々私たちを楽しませてくれるディズニー作品。過去を振り返ればその技術や質において常に先を行く感じがあったように思います。滑らかでリアリティのある動きを表現するために、描き方を工夫したり新しい技術を取り入れたりしました。もちろん技術だけではなく、素敵な作品の裏には、ものすごい数の絵を描き上げたアニメーターたちのたゆまぬ努力があったと思います。たった1秒の映像のために、どれだけの苦労があったのだろうと思うと、作品の素晴らしさをより強く感じます。

 

 今やCGを使ってアニメがかかれる時代。一時期は手描きが失われるという批判もありましたが、過去の経験や技術を受け継いでいるからこそ今のディズニー作品があるのだと展示では言っていました。ディズニーがこれまで築き上げてきたものはとても大きいものであったなあと、展示を見ていて思いました。

 

 とても素晴らしいアート展でした。解説本を読んでさらに理解を深めたいなと思います(笑)。わたしたちをいつも楽しませてくれる、「ディズニー」のこれからに期待しています!

f:id:discoverney:20170810221525j:plain

初めて聞いたけどいい曲!

 You Tubeでディズニーミュージックをよく聞いています!

 偶然見つけたこの音楽!

 


Promise - Leaving Epcot Song

 

なんだか懐かしい感じの曲調です。

Epcotのナイトショー"illuminations"のエンディングにかかるそうです。

また一つ、いい曲を見つけました♪

思い出の Great Movie Ride

f:id:discoverney:20170803204354j:plain

 

 フロリダにある「ディズニー・ハリウッド・スタジオ」のシンボルの一つともいえる、"Great Movie Ride"が、8月13日でクローズとなると聞きました。

 チャイニーズ・シアターをそっくりそのまま持ってきたこのアトラクション。「メリー・ポピンズ」好きとしては、絶対に乗りたいアトラクションの一つでもありました。

 

 車に乗って、「オーディオ・アニマトロニクス」が表現する映画の世界を体験するというものでした。「メリー・ポピンズ」はもちろんのこと、「雨に唄えば」や「カサブランカ」「オズと魔法使い」などのディズニー映画以外の名作映画や、「エイリアン」などのアクション映画も登場しているのが面白かったです。

 それに、なんといってもキャストの人たちの演出も面白かったです!途中で映画のワンシーンに巻き込まれるという場面もあり、まさに映画の世界に入り込んだかのようでした。

f:id:discoverney:20170803205221j:plain

 この「チャイニーズ・シアター」の再現度の高さが好きでした。

 夜になると、プロジェクションマッピングの投影先としても使われていました。

 

 一度しか行ったことはありませんでしたが、一度乗っただけでも好きになれたアトラクションでした。これだけ精巧につくられたこの建物。新しいアトラクションになると、なくなってしまうのでしょうか?ぜひとも残しておいてほしい!と願うばかりです。

 

 フロリダに行ってから早1年。つい最近のことのように思い出します。

 次行けるのはいつなのでしょうか。その日を楽しみに、明日も頑張ります!

ベイマックス!

 

ツイッターを見ていたら、ベイマックス!かわいい!

ベイマックスのグリーティングは、聞いたことはありましたが、街中に現れるとまた違うよさがありますね!

 

それにしても自然な動きというか、目もちゃんと動いてるし、あのフニフニ感がきちんと表現されてるし、よくできてるなあと笑

なんだか、頑張ればベイマックスロボットは実現できるんじゃないのかなと、淡い期待をしつつ、もし実現したら、「ロビ」並みに欲しいなあと思います。

いや、大きいから家に入らないか…泣